お知らせ

-食べる楽しみをいつまでも-

「当院では摂食嚥下リハビリテーションチームによる訓練を実施しています」

 

摂食嚥下障害とは?

食べ物を

① 「食べ物として認識して」    ② 「食べ物を口に入れ」

③ 「噛んでごっくんしやすい形まで口の中でドロドロにし」   ④ 「のどに送り込んで」

⑤ 「ごっくんと飲み込み」     ⑥ 「食道から胃まで送り込む」

一連の動作のどれかがうまく機能出来ていない場合にいいます。

 摂食嚥下リハビリテーションイラスト

 

嚥下障害の症状は?

わかりやすい症状は

「食べ物、飲み物でむせるようになった」

「食べ物がのどにつかえるようになった」

「食べる時間がかかるようになった、食べる量が減った」

などが思い浮かぶと思います。

嚥下機能が低下すると、今まで食べられていたものがうまく食べられないため食べる量が減少して、体重も減少していきます。

また、食べ物・飲み物を誤嚥(気管に食べ物・飲み物が入る状況のこと)することにより、熱や痰がでるようになったり、いつもガラガラした声になったりします。

誤嚥を繰り返し、状態が悪化すると誤嚥性肺炎を引き起こす原因になってしまいます。



摂食嚥下障害の人はどんなひとがなるの?

脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患によって起こることが一般的と言われています。

その他パーキンソン病等の神経疾患や口腔がんなど様々な原因があります。

高齢者の摂食嚥下障害も非常に多く、加齢による筋力・予備能力の低下や歯の喪失、様々な疾患を併発していて内服薬による副作用などの原因で起こると言われています。

 

 

摂食嚥下リハビリテーションでは何をするの?

当院の摂食嚥下リハビリテーションチームによる

  1. 摂食嚥下スクリーニングテスト(機能評価)
  2. 食事状況の観察、嚥下機能に合った食事形態の調整や介助方法などの提案
  3. 嚥下機能に応じて「食物を使って実際に食べる訓練」
  4. 嚥下機能を向上させるための「食べ物を使わない嚥下基礎訓練」

等を実施しています。

専門的に「外からみてかなり嚥下機能が悪く食べる訓練が難しい場合」「現状の嚥下機能について視覚でご理解いただいた方が良い場合」など判断した場合提携歯科医院による訪問での嚥下内視鏡(VE)で実際にのどをカメラでのぞきながら食べるところの検査をおすすめさせていただくこともあります。

専門的な立場から、患者様・ご家族様の意向を組み込みながら今の患者様に合った「出来るだけ長く、安全に食べられる」ように訓練やご提案をさせていただきたいと思っております。

一時的に水分・食物の制限などもさせていただく場合もございますが、「誤嚥をせず安全に嚥下機能を回復させる」ために必要な場合もあります。

歯科衛生士 澤島果林

歯科衛生士 澤島果林

言語聴覚士 須藤笑子

言語聴覚士 須藤笑子

 

食べる楽しみを諦めずに

摂食嚥下リハビリテーション当院では胃瘻や経鼻経管で「口から食べられなくなった患者様」への「食べる取り組み」をしています。

 

口から食べることは生きる喜び、幸せにつながります。
可能な限り「口から食べる」ことを諦めず、また安全で効果的な食べる訓練を実施するため、まずは嚥下内視鏡(VE)検査を実施し、経口摂取可能という結果が出たら食べる練習をしていきます。

 

 

専門的に「食べる練習」を始めた患者様には、このような良い変化が多く見られています。

  • 3食口から食事が取れるようになり、経鼻経管を抜去できたことで、自由な時間が増えた方
  • お楽しみでゼリーやとろみ付ジュースなどを口から食べるようになって、ご本人の満足度も上がり笑顔や発語がふえるようになった方
  • 食べる練習のおかげで飲み込む機能があがり、唾液によるむせや痰が減少した方

 

実際「食べる楽しみ」だけでなく、日常生活自体が変化したり、身体機能自体も向上するなど食べる取り組みによって様々な良い効果をもたらしています。

 

 

嚥下内視鏡検査(VE)について

提携している歯科医院による訪問診療により鼻から約3mmの内視鏡(カメラ)を挿入し検査を行います。
持ち運び可能のためベッドサイドでの検査が可能です。
(検査の詳細については提携歯科医院「ラムザ歯科」ホームページをご覧下さい)

摂食嚥下リハビリテーション
摂食嚥下リハビリテーション

 

摂食嚥下障害やリハビリテーションについて、わかりにくい点も多くあると思います。
ぜひ気軽にご質問やご要望等、専門スタッフにお声掛けください。
患者様・ご家族様と共に、より良い摂食嚥下リハビリテーションを実施していきたいと思っております。

 

お問合せ

タグ:

診療時間

page top